HOME > スタジオアーツ【教室】Jewelry Making

【教室】Jewelry Making

chirashi01.jpg
                 
                  
                 
アーテックでは、WAXを使って指輪などのオリジナルのアクセサリーを簡単に創ることを学ぶ教室を開いています。
ロストワックス方法によるジュエリーメイキングは従来、プロの技法としてあまり一般には知られていませんでしたが、鋳造を専門家に託すことにより、直接金属を加工する彫金などに比べて簡単にアクセサリー製作ができます。
技術を習得できれば、作業机一つの工房も実現できます。
 
作品ギャラリーを見る
  スタジオアーツ
 
 
 

初めての方へ

初めて参加される方へ、体験コースをご用意しております。
体験コースでは、ワックスを削り、リングのモデリングを学びます。
また、ご希望により金属の加工を承ります。なお、研磨作業の受講をご希望の場合は、別途受講料がかかります。
ご予約はメールにて受け付けております。
 
 

体験コースのご案内

料金:¥1,000(税別)
所要時間:約2時間
(ワックスを削りリングもモデリングを学びます。)
*ご希望により金属の加工を承ります。研磨作業の受講をご希望の場合は別途受講料がかかります。
 

開催日時

月2回 第2・第4土曜日 午前クラス10:00〜13:30 午後クラス2:00〜5:00
持ち物はとくに必要ありません。工房内の工具は自由にお使いいただけます。
 

料金

入会金    \3,000-(税別)

チケット料金 \9,000-(税別) 3枚綴り

※チケットの有効期限は3ヵ月となっております。

 
お申し込み
 
 

講師紹介

長沢 葉子  
長沢 葉子(ジュエリー作家)
1957年生まれ
ヒコ・みづのジュエリー・オブ・カレッジ研究科卒業
同校 非常勤講師、副手講師を経て現在は工房“ギイ・スタジオ”運営、自社ブランドの制作活動や展示会発表を続けるかたわらジュエリーメイキングの楽しさを広めるべく各所で教室の講師を勤める。
STUDI0 ARTSでは2000/7月開校時より講師をつとめる。
  作品
 
 
 

ロストワックスモデリングについて

ロストワックスモデリング   ジュエリーを製作する方法として、一流ブランドなどでは一般的に用いられている技法のひとつです。
ワックス(ジュエリー用の特殊なワックス)をヤスリを使い、削りながら形作りをします。出来上がったワックスを鋳造という方法で金属にします。
ワックスは思うような形に簡単に削れますので、2〜3時間で簡単なデザインのリングなどは製作できます。
細かな細工のデザインも、金属加工と違い、簡単に出来上がります。
ワックスは熱処理で修整・修復が可能です。サイズ直しやデザインの変更も短時間にこなすことができます。
 
 

ロストワックス(鋳造)のプロセス

湯道接続   埋没   焼成   鋳造   取り出し・研磨
プロセス1 矢印 プロセス2 矢印 プロセス3 矢印 プロセス4 矢印 プロセス5
完成したワックスリングに金属が流れる道(湯道)をワックスで作り接続します。   筒状の枠の中にワックスリングを入れ,石こうを流し込みます。   自然乾燥で石こうが固まったら電気炉の中に入れ加熱し、ワックスを溶かし出し、さらに焼き固めると、リングの形をした空洞ができます。   溶けた金属を空洞のリングに流し込みます。この際、鋳造の機械を使用します。   石こうを水の中でくずして、金属となったリングを取り出します。湯道を切断してから仕上げの作業に入り、ヤスリやリューターを使い磨きをかけて完成品にします。
 
 
 
PAGETOP